FC2ブログ
ザ 探偵
探偵のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病床パブリック-探偵日記
何でか知らないけど、私はその日ビルから飛び降りる夢を見た。

「もう誰も信じたくない」

ビルの下には誰もいなくて、冷たいコンクリートだけが広がっている。

あまり考えてもしようがないので思い切って助走をつけてとんだ。

走馬灯など見る暇もなく、次の瞬間には地面に叩きつけられていたけど

なぜかまだ生きている。

そのとき1枚の写真が頭の上に落ちてきた。

それは中学生の修学旅行で同じ班だった時に撮ったアイツとの写真だ。

写真はどっちも無邪気な笑顔を浮かべていてなんだか幸せそうだ。

このままで終わっていたほうが幸せだったのかもしれない。

翌日、目が覚めて私は探偵社に依頼するために持っていく別のアイツの

写真をすごく静かな気持ちで選んでいた。


スポンサーサイト
迷彩-探偵日記
部屋に掃除機をかけていたら、変なものが出てきた。

大量の見知らぬレシートが。

高速のレシート、どこかの宿泊施設のレシート、どこかのテーマパークのレシート。

ミキティが帰った後だったので部屋こそ静かであったが、私の中の怒りは頭の芯で

次第にあつくなっていく。

夢を見てるつもりなら早くさましてほしい。

イラストレーターかなんだかわからないけど。

今花瓶にさしてあるしおれた1輪の花よりも心がすり減ってるのがわかった。



眩暈-探偵日記
京都に行ったそうだ。

なぜ京都!?私たちの住んでるまちからだいぶ距離があるし、

しかもそんなこと知らない。近くに2泊3日出張だって聞いてた。

向こうでで行動していたみたいだが、その画像を私は見逃さなかった。

助手席ドアに手をかけている細い指がかすかに写っているのを。

ミキティは心霊写真の霊を見た時のように大はしゃぎしていたが、

私は心中穏やかではなく、実際それどころじゃない。


警告-探偵日記
目薬を差してから、若干アタマが痛いような気がするけれど

とにかくパソコン検索の続きを始めた。

ブログをはじめたのは最近ではなく一年くらい前から始めている。

一年も前から始めているのに、私はちっとも知らなかった。

ほぼ毎日、日記にするまでもないような事が膨大な量で書かれている。

最初から見るのもなんだかおっくうだったので、怪しいタイトルの日記をクリックしてみた。

しかも、水曜日のヤツだ。

タイトルは「今日は…」である。

「今日はイラスト展を見に行った。どれも俺の目には新鮮なものばかりで

その動物の生き生きとした様子は忘れかけた何かを思い出させてくれる。」

と、ある。

だれのイラスト展とは書いていないが、添付している写真のチラシには小さく「柊智子」と書いてあるような気がした。

しかも、その鮮やかな色づかいはたぶん彼女のものだ。


モルヒネ-探偵日記
パソコンを長い時間見つめていたら、目が痛くなってきた。

家になかったので薬局に買いに行った。

でかいカゴ目薬がドッサリ積み込まれている様子になんだか不自然さを覚える。

値札には298円とあって目薬にしては破格の値だ。

明らかにそこの店長さんが書いたらしい妙な宣伝文句ポップカゴに貼り付けられている。

「○○製薬と同じ成分でこの値段!」

同じ成分で298円

しかもそんなに売れている様子もない。

アイデンティティ -探偵日記
気乗りしないながらも、ブログのサイトってけっこうあるんだなぁと妙に感心してしまった。

さっそく、1件目、2件目、アレ違うコレ違うとサクサク進めるミキティ

まったく本当にその暗号がブログのものなのかもわからないし、なんの手がかりもないかもしれないのによくやるよ。

彼女の労をねぎらってお茶でもいれようかなどと言ってたところ、いきなり

「あ!」

と彼女は声を張り上げた。どうやら見つかったみたいだ。

ここまで来ると少し興味がそそられて、どれどれなんて具合に横から見てしまう。

たしかに、それはとある特定の人物しか入れない招待制のブログサイトだった。

ハンドルネームは「orange@amplification」という横文字の名前。

たしかにヤツはギターをたしなんでいて、アンプといえばオレンジがドーノコーノ言っていたような気がする。
積木遊び -探偵日記
「ねぇ、ちょっとおトイレ借りてもいい?」
浮気話をに、コーヒーを調子づいて飲み過ぎたのかミキティは頻繁にもよおす。
「うん、もう場所わかるよね?」
「自分ん家みたいなもんだもん」
いくら少し広めの間借りでちょっと変なところにトイレがあったとしてもコレで3度目の彼女は
まるで催眠術で操られてるかのように自然に歩いていった。

あたしがこないだ作って誰も食べてくれなかったラスクで水気を飛ばしてやろうかと戸棚を探っていたら、さっきトイレに行ったはずのミキティが妙な含み笑いでドアのへりにもたれかかっていた。

「あれ?どうしたの?やちゃった??」
「チーガーウわよ!あたし、いいもんみつけちゃった」
小悪魔のような彼女の微笑みは何か悪い知らせを告げていた。

「コレ」
鬼の首を取ったかのように一枚の紙切れを目の前に突きつける。
そこにはボールペンの乱雑な文字で「ID」「PASS」とあってでたらめな英数字が並んである。
何かの暗号なんだろうけど・・・。

「これ、あんたのダンナ(彼氏)の部屋でみつけちゃった。」
「だから、それがどうしたのよ」
「あたしの友達で、すごーく真面目な彼氏を持つ女の子がいたわけよ。でも遠距離でね」
「うん」
「それで少し心配して彼がつけてるブログのサイトをみてみたの。そしたら・・・」
「そしたら?」
浮気発覚。しかも、ことこまかに書いてたらしいのよ。愛人との逢瀬を」
「ええ?でもヤツはたぶん、ブログなんて書いてないよ」
「そこそこ、そこが盲点なのよー。構想の死角ってやつ?」
「で、その紙切れがそのブログを見るカギだと。でもブログサイトなんて死ぬほどあるんじゃ」
「だーかーら!片っ端から見るしかないっしょ!ちょっとパソコン借りるね」
と、ミキティは意地悪な笑顔でパタパタと書斎に駆けていった。

なんだあのバイタリティ。人の不幸は・・・ってやつ?
とにかくトイレはもういいのか・・・そんなことをぼんやり考えてる私はこの後次々に発覚する
衝撃の数々に気づく由もなかった。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。